Wさま、打ち合わせお疲れさまでした。

だいぶイメージと近づいてきましたね。

私もほっとしております。

 

さて、「わからない時は○○しましょう」

についてです。

打ち合わせを建築会社さんとしている時に、

専門用語を言われて

「あれっ?なんのこと?」

「よくわからないけど、まぁいいや。」

「聞いたら失礼かな?」

など思って、わからないことをスルーする方を

打ち合わせ中によく見ます。

おそらく、

気を使ったり、

聞いたら悪いかなと建築会社さんに配慮したうえでの

行動だと思います。

私の体感だと優しい方に多いですね。

 

優しさは素敵なのですが、

大事なことを話している時も多いため、

できればスルーしないで、

「すいません、○○ってなんですか?」

と素直に質問してください。

 

建築会社さんはなるべくわかりやすく説明しようとします。

それでも、つい業界用語を話してしまうことがあります。

これは「専門家あるある」です。

建築会社さんは業界用語を言ったことに、

気づいていないことが多いです。

 

私が打ち合わせに同行している場合は、

私が知っていたとしても、

ご相談者さんが「なに言っているんだろう?」

という顔をしたときは、

ご相談者さんに代わり、知らないふりをして質問します。

 

すると、建築会社さんは丁寧に教えてくれます。

なので遠慮なく聞いてみましょう。

仮にスルーしたままにすると、

建築会社さんは理解してくれていると判断しますので、

どんどん業界用語や専門用語がでてきて、

訳がわからなくなってしまいます。

 

本日のまとめ。

「わからないことは、素直に聞きましょう。」でした。

知らないことを知らないと言ってみてください。

打ち合わせの内容があなたにとって

よりわかりやすくなりますよ。

 

あなたの打ち合わせが専門用語でなく、

あなたのわかりやすい言葉で進んでいくことを

心より応援・サポートいたしております。