おはようございます。

吉原です。

 

今日のテーマは、

「楽しい打ち合わせが家づくりで失敗する危険性とは?」

についてお話しします。

 

私事になりますが、

今は羽田空港のラウンジで

このブログを書いています。

 

実はこのラウンジ、

クレジットカードのゴールドを

持っていないと入れないという

セレブな感じのラウンジです。

 

「吉原さん、稼いでるんだね。」

と思われるかもしれませんが、

そうではありません笑

 

楽天のゴールドカードを持っているのですが、

年会費がたったの2,000円です。

 

私はご相談者様に

最新の最適な情報を提供するために、

最低月一で東京に行っています。

 

このラウンジは、

100%オレンジジュースを

何杯おかわりしても無料です。

 

月一回、オレンジジュースを2杯で

計算すると

2,000円÷12回÷2杯=約83円

 

これにプラスして

静かな落ち着いた雰囲気で

朝の事務仕事に取りかかれます。

 

ということは

私の求めている

・飛行機に乗るまでの時間で、事務仕事をしておきたい

・喉がかわくから、飲み物を飲みたい

というのを最大限叶えてくれるのです。

 

さて、ここからが本題です。

これから家を建てるあなたにとって

重要なのは、

・打ち合わせが楽しい

・営業マンがやさしい

ではありませんよね。

 

人によって目的は様々だと思いますが、

・子供が騒いでも、となりの部屋に怒られたくない。

・家族で仲良く暮らしたい

・今の住まいでは、不満があるから解決したい。

これが最初の目的だったはずです。

 

打ち合わせが楽しいのはいいことです。

でも、目的が叶わなければ意味がありません。

 

性格の良い人ほど、

・営業の人がよくしてくれたから建てていいと思いました。

・いろいろやっていただいたので、もう断れない。

・よくわからないから、信頼する営業マンに任せる。

とおっしゃる方がよくいます。

 

でもそれは、

本来の目的ではありませんよね。

 

だからこそ、

本来の目的が叶う家かどうかを

真剣に考えてみてください。

 

辛いと感じることが

あるかもしれませんが、

それは目的のための代償だと考えるのはどうでしょうか?

 

例えば、

サッカーのワールドカップに出ている選手たちが、

辛くない練習だけしていると思いますか?

 

彼らは、辛い練習だとしても

その先にある目的のために

必要だからと頑張り続けたから、

ワールドカップに出て、

活躍できたのだと思います。

 

楽しいことは大事ですが、

それだけでなく、

本来の目的に向けて

行動することが一番大事だと

思いませんか?

 

ここまで読んでいただきまして、

ありがとうございます。

 

あなたの家づくりが、

打ち合わせが楽しいだけでなく、

10年後も建てて良かったと思えることを

心より応援・サポートしております。

 

吉原