オープンハウス、完成住宅見学会を賢く利用する秘訣とは?

そろそろ家を買いたいなと思った時に、まずは情報収集をしたいし、単純に見てみないとわからないということから、家を見に行く方が多いです。その時のためにモデルルームや完成住宅の見学会を賢く利用する秘訣などを公開しますので、お役立ちできれば幸いです。

住宅見学会とは

住宅見学会とは、ハウスメーカーや工務店などの建築会社がこれから家を買いたいと思う方に実物を公開しますので、見学をすることができます。ここでは大きく分けて、モデルルームと完成住宅について、また、なぜ見学会を開催するのかと言った基礎知識について解説していきます。

モデルルーム見学会の基礎知識

モデルルームとは、マンションや分譲住宅などで、これからマイホームを購入する方に対して、建築会社やマンション販売業者がその建物の造作や間取り、デザインなどを実物で見せるために用意された部屋のことを言います。

出典&参考サイト:小学館 大辞泉より

基本コンセプトは上述のとおりです。
自社で単独でモデルルームを所有し、購買者に見せる場合があります。都市地域では、ある場所に複数のハウスメーカーや工務店がモデルルームを展示しオープンしている場合があります。これを総合住宅展示場と言います。北海道では北海道マイホームセンター様が、札幌や旭川、帯広などで総合住宅展示場を開催しています。
オホーツク圏内には常設の総合住宅展示場はなく、期間限定で数社が合同に展示し、展示期間が終わるとまた別の場所で行うという「建売販売」兼「総合住宅展示場」という2つの顔をもって開催されることが多いです。
例:北海道マイホームセンター 様

完成住宅見学会の基礎知識

完成住宅見学会とは、ハウスメーカーや建築会社がお客様の完成した住宅を期間限定で将来の購買者に展示し、造作や間取り、デザインなどを実物で見ることができます。
完成住宅の場合は、建築会社の意向よりもオーナーの意思が間取りやデザイン、造作に反映されています。

見学会を開催する理由

ハウスメーカーや工務店がモデルルームや完成した住宅を公開する理由は、一言で言いますと新しいお客様を見つけることが目的です。多くの場合、モデルルームや完成した住宅を見学する前や見学した後に、アンケートを書いてくださいと言われ、アンケートを書くことになります。ハウスメーカーや工務店はそのアンケートをもとに、イベントのダイレクトメールを送ります。営業熱心な会社だと営業マンがアンケートに記入した電話番号に「無料で間取り書きます」などといった内容で直接電話営業をしてくることもあります。

見学会の賢く利用する秘訣

見学会の仕組みについてわかりましたら、いよいよここからは見学会を上手に利用する秘訣について公開していきます。

① 間取りで判断しない

モデルルームや完成住宅を見に行った時に、いろいろな間取りの家を目にすることになると思います。ここで注意ポイント。大事なのはその間取りが自分にとって好きか嫌いかを判断することには全く意味がありません。
なぜなら、その家はあなたの家ではないからです。このように言いますと、それだったら見に行く意味がなくなっちゃうじゃないですかと思われたかもしれません。見たものについては参考程度にとどめてください。こんな家があるんだなぁといった感じでオッケーです。

② 工法・技術は参考程度に留める

大手ハウスメーカーや地元の工務店の両方とも、見学会をお客様探しの場としてとても大切にしています。特に北見近郊の場合、常設の総合展示場がなく、モデルルームを持っている会社も多くないため、完成見学会はとても重要な新規のお客さまを見つける場として位置づけられています。そして、多くの会社は自社の工法を共感してもらい、深く知ってもらったうえで建ててもらいたいと願っています。これは悪いことではありませんが、家を建てる側から考えると、次のような状態になってしまうことがあります。それは、多くの建築会社が自社の工法を素晴らしいといっているが、自分たちはどこに頼んだらいいかわからなくなっちゃったという状態です。ハッキリ言いますと、工法によるメリット・デメリットを初めて家を建てる人が見つけることは不可能に近いです。もし最高の建築方法があるのならば、みんなそれをやるはずだと思いませんか?プロでさえ建築工法については意見が異なるのですから、工法や技術について建築会社ごとの比較・検討は時間のムダです。私のところに数値がいいから建てたけど実際に住んだら寒いといって、リフォームの相談に来られる方がたまにいます。ホームページなどでは立派な工法なんですけどね。

③ コンセプトを聞く

間取りで判断しないで、工法・技術も参考程度にするのならどうしたらいいのでしょうか。ここで一度再確認します。大事なのはあなたの家を建てるときに、その見に行った建築会社に任せたいかどうかですよね。それならば、見学会では次の質問をすることをオススメします。
「この家は、どんな方たちがどのように生活したいという思いで建てられたのですか?」
この質問だけでオッケーです。この質問に対して出た答えと自分が建主だったら住みたいかどうかを想像してください。その結果、住みたいなと思えるならば、センスが合う会社だということを判別できます。反対に全然住みたいと思わなければ、センスが合わない可能性があるので、その建築会社に相談しない方がいいと思います。

④ アンケートは最後に書く

とっておきの方法をお伝えします。
それは、アンケートを書かないことです。
私もたまに見学会にこっそり行きますが、ほとんどの会社がアンケートの記入をお願いしてきます。アンケートの記入のタイミングは会社によってさまざまですが、家をまだ見ていないのに、入った瞬間にアンケートの記入をお願いされたことがあります。そんな時は一度お断りしてみてはいかがでしょうか?アンケートの記入を断られるのは、会社からすると予想外の出来事らしく、マニュアル外の対応を見ることができます。それだけでなく、気に入らない会社からの営業を事前に防ぐことができますので、まずは一度断ってみてください。私が東京で勉強として総合展示場をいろいろ見て回った時に、アンケートを書かないと言ったとたん、ビックリするぐらい塩対応の会社が何社かありました。そんな会社では建てたくないですよね。反対に住友林業さんはアンケートを書かなくてもいろいろ親身になってくれてお話をしてくださり、すごいいい会社だなと思いました。誉め言葉だから名前出してもオッケーですよね(笑)だからこそ、まずは一度アンケートを断ってみることをオススメします。

⑤ 準備してから見に行く

見学会には必ず準備をしてから見に行ってください。これはかなり重要な秘訣になります。何を準備すればいいかはこれから説明します。まずは自分たちの予算や要望・希望がどんなものかを見に行く前に一度まとめましょう。自分たちの意見がまとめないまま見学会に行くとどういうことが起こるかと言いますと、多くの方は家を見に行くとテンションが上がります。なぜなら新しくてきれいで最新の家は見るだけで楽しいですよね。人によっては一気にほしくなって購買意欲が上がるケースもあります。予算や要望・希望が自分たちの中でまとまっているならばいいのですが、そうでない場合はハウスメーカー等の営業トークに振り回される危険があります。建築会社はどこにも逃げないので、まずは自分たちの足元を固めてから見に行くことをオススメします。

まとめ

ここまで、見学会とその秘訣についてまとめてみましたがいかがでしょうか?最後に今回のコラムのまとめを掲載しますので、ご参考にしていただければと思います。

住宅見学会について

  • モデルルームと完成住宅との違い
  • モデルルームは住む人が決まっていない住宅
  • 完成住宅はオーナーがいる住宅
  • 開催目的は新規のお客様を見つけること

見学会を賢く利用する秘訣

  • 間取りで判断しない
  • 工法・技術は参考程度にする
  • コンセプトを聞く
  • アンケートは最後に書く
  • 準備してから見に行く

ここまでご参考になりましたでしょうか?
あなたが見学会に行ったときは、ぜひ実践してみてくださいね。