初めて建売住宅を購入しようと思っている方もいらっしゃると思いますが、住宅を購入しようと思うと様々な不安を感じられると思います。 特に料金面については多くの方が不安に感じると思いますし、数千万円もする住宅に関しては一定額の初期費用がかかると言われています。 今回は、建売住宅を購入する際にはどのくらいの初期費用が必要なのかをご紹介します。

購入前・購入時にかかる費用

住宅を購入するにはある程度費用が必要となりますが、何がどのくらいかかるのか分かっていない方も少なくないでしょう。 今後建売住宅を購入する時のためにも、購入前、購入時にはどんな費用が必要となるのか、見ていきましょう。

手付金

建売住宅にしても注文住宅にしても、申し込んだという証拠のため、もしくは契約解除とならないために手付金を支払う必要があります。 手付金の相場は物件価格の10%〜20%ほどであることが多いです。

印紙税

不動産を売買する際には契約書を交わしますが、その契約書に印紙を貼ることで税金を納めます。 建売住宅の場合、1、2万円ほどであることがほとんどです。

登録免許税

物件の所有権が買主に移転する時に登記手続きが必要になりますが、所有権移転登記にはこちらの登録免許税が課されます。 一般的には物件価格の1%ほどであることが多いです。

仲介手数料

不動産の売買を行う際には不動産会社に依頼する方が多いとされていますが、その際には仲介手数料が必要です。 仲介手数料の上限は物件価格×3%+6万円+消費税とされていますので、それを超えた手数料を取られることはありません。

団体信用生命保険料

住宅を購入すると住宅ローンを組む方が多いと思いますが、債務者が万が一の事があり支払えなくなってしまった場合に、残債部分を支払わなくても良いようにする保険です。

火災保険料・地震保険料

万が一火災や地震が起こってしまって、住宅が焼けてしまったり倒壊してしまった場合を想定した保険です。 日本は地震をはじめ災害が多い国ですので、必ず加入しておく必要があります。

購入後にかかる費用

住宅の購入時や購入前には様々な費用がかかりますが、実は購入後にも様々な費用がかかります。 次に、住宅購入後にはどんな費用がどのくらいかかるのか見ていきましょう。

固定資産税

不動産を所得すると毎年固定資産税がかかります。 建売住宅の場合、15万円ほどであることが多いようですが、地域や家の広さによって大きく異なります。

都市計画税

固定資産税と同様に住宅を所有していることで必要とされる税金で、数万円程度必要です。

リフォーム・引っ越し費用

新居に引っ越す費用や、使い勝手を良くするためにリフォームが必要な場合もあり、50万円〜100万円ほどかかる場合もあります。 また、近隣への挨拶の品も地域によっては用意した方が良いでしょう。

家電・家具を揃える費用

全く家電や家具がない場合は一からですし、不足している家具や家電があれば買い足しが必要になります。

購入前にも購入後にもある程度費用がかかる

住宅を購入することによって、物件価格意外にも購入前、購入後に様々な費用が必要になることが大半です。 総額で300〜500万円くらいは用意しておいた方が良いでしょう。