住宅を購入するとなるとかなりの負担が必要ですし、人によっては住宅ローンが通らないなんていうトラブルが起こってしまうことも考えられます。 もちろん誰もが「できるだけ安く購入したい」と考えていると思いますが、不動産を値引きする事は可能なのでしょうか。 こちらでは建売住宅を値引きする事は可能なのかや、値引きできる場合はどれくらいの相場になっているかをご紹介します。

建売住宅は値引き可能

実は不動産の中でも建売住宅に関しては値引きが行いやすいと言われており、場合によってはかなり住宅購入の負担を軽減する事が可能です。 ただし、全ての場合で値引きを行ってもらえるわけではありませんので、まずは値引きを行ってもらいやすい理由を理解しておく必要があります。

建売住宅は比較的値引きがしやすい

なぜ建売住宅が値引きを行ってもらいやすいのかというと、注文住宅と異なり、すでに建物が完成している状態であるため、売れ残りなどが発生しているケースも少なくありません。 もちろん、人気の地域や充実した性能の物件であれば値引きを行ってもらう事は難しいかもしれませんが、いつまでも新築のまま売れない物件や、値引きしてでも不動産会社が売りたいと思っている物件であれば、値引きをしてもらえる可能性は十分にあります。 ちなみに、すでに完成している建売住宅であれば、値引きを交渉したことによって家の品質を落とされる心配もないので、ストレートに値引き交渉をしても問題ないと言えるでしょう。

注文住宅は値引き交渉が難しい理由

一方、注文住宅は建売住宅に比べて値引きをしづらいと言われていますが、その理由はどういったものなのでしょうか。 注文住宅は買主と建築会社や不動産会社が一丸となってどのような住宅にするかを打ち合わせにより決めていく必要があります。 よって、値引き交渉のタイミングによっては建材や設備などのグレードを落とされてしまい、結局値引きの意味がなくなってしまうなんていうケースも考えられるのです。

値引き交渉を行うべき時期と相場

値引きを行ってもらいたいと考えているのであれば、一般的にはどのくらいの値引き相場になっているのかやどの時期に値引き交渉をすべきなのかを知っておく必要があります。

値引き交渉を行うタイミングが重要

値引き交渉を行うタイミングによっては値引きが行われない事もありますので、注意してください。 適切なタイミングは、売れ残っている時期が長い物件であれば問い合わせや打ち合わせの時点で行うのが良いでしょう。 また、不動産会社の繁忙期である春先も値引き交渉を行うと、要望を聞いてもらえる可能性があります。

一般的な値引き相場は3%

「値引き」と聞くとかなり安くなるイメージがあると思いますが、一般的な値引き相場は物件価格の3%ほどと言われています。 よって3000万円の物件であれば90万円ほどの値引きが可能です。 また物件価格が3980万円であった場合、端数である80万円は値引きしてもらえる可能性が高いです。

上手に値引き交渉を行ってお得に購入しよう

建売住宅は基本的に値引きをしてもらいやすいため、相場を踏まえて値引き交渉を成立させ、負担なく物件を購入できることが第一です。